徳島大学大学院医歯薬学研究部 泌尿器科学分野

  • TOP
  • 一般の方へ
  • 医療従事者の方へ
  • 教室案内
  • 入局希望の方へ
  • リンク
  • お問い合わせ
一般の方へ

泌尿器科の病気、治療について

腎移植について

 慢性腎不全の治療には透析療法と腎移植があります。慢性腎不全で透析療法を受けている患者数は年々増加しており、2011年にはついに30万人を越えました。

 透析療法では、体内に蓄積される尿毒素や水分の除去は可能なものの、造血・骨代謝に関連した内分泌作用に対しては、様々な薬剤を使ってそれらを補う必要があります。しかし長期透析に伴う不可逆的合併症の発症は避けられず、生活のQOLは徐々に低下してしまいます。

 一方腎移植は、腎代替療法として理想的な治療法であり、その成績は免疫抑制剤の進歩により飛躍的に向上しています。我が国では献腎提供が少なく、生体腎移植が大きな比率を占めているのが現状です。生体腎移植では、ABO血液型の一致、不一致に関わらず提供可能な親族間であれば腎移植は可能であり、最近は夫婦間腎移植も増加しています。

ABO血液型不適合生体腎移植

 ABO血液型不適合生体腎移植はすでに確立した治療法ですが、その施行に際しては、術前に抗体産生を抑制するために脾臓摘出が行われてきました。しかし、脾臓摘出は手術侵襲が加わる上、合併症の頻度も低くありません。一方リツキシマブはB細胞表面に特異的に発現している細胞表面マーカーであるヒトCD20に対するヒト・マウスキメラモノクローナル抗体であり、このリツキシマブを移植前に投与することで、memory B cellを消去しABO血液型抗体産生を低下せることにより、脾臓摘出を行うことなくABO血液型不適合生体腎移植が可能となります。近年全国の移植施設で行われつつありますが、未だこの薬剤については臓器移植での保険適応がありません。当科では院内臨床研究倫理委員会の承認のもと、リツキシマブを用いたABO血液型不適合生体腎移植も行うことが可能です。

ドナー(提供者)腎摘除術

 生体腎移植には、健康なドナーからの腎臓の提供が不可欠です。従ってドナーの方には腎臓に提供にあたって、出来る限りの摘出手術侵襲を少なくすることが重要です。当科では従来の開腹術と比較して侵襲の少ない腹腔鏡手術にて安全に腎臓の摘出を行っています。





 

当科では、毎週木曜日14:00〜16:30 移植認定医による腎移植外来を開設しました。腎移植希望者の術前診察・検査や、腎移植後の定期診察のほか、“腎移植を迷っている”や“一度詳しい話を聞いてみたい”といった相談でも受付ています。

徳島大学大学院 医歯薬学研究部 泌尿器科学分野

  • 〒770-8503
  • 徳島県徳島市蔵本町3丁目18-15
  • 医局連絡先
  • TEL:088-633-7159 FAX:088-633-7160
  • E-mail:takahashi.masayuki@tokushima-u.ac.jp
  • 外来連絡先
  • TEL:088-633-7157
  • FAX:088-633-7487

© 2012-2018 Tokushima University Graduate school