徳島大学大学院医歯薬学研究部 泌尿器科学分野

  • TOP
  • 一般の方へ
  • 医療従事者の方へ
  • 教室案内
  • 入局希望の方へ
  • リンク
  • お問い合わせ
一般の方へ

泌尿器科の病気、治療について

尿路感染症について

 尿は左右2つの腎臓でつくられ腎臓のなかの腎盂というお部屋に集められます。そして、尿管という細い管を下って膀胱に溜まり尿道から体の外に出されます。この尿の通り道を尿路といいます。尿路に細菌が住み着き、増殖して炎症をおこしたものを尿路感染症といいます。原因となる細菌は体外から尿路を逆流して感染を起こす場合と血流にのって感染を生じる場合があります。

 女性に多い急性膀胱炎では、頻尿・排尿痛・残尿感などの症状を呈しますが、通常高度の発熱は認めません。腎盂腎杯・腎実質などに炎症が及び、腎盂腎炎になると高度の発熱・背部痛を呈するようになります。また男性では急性前立腺炎や精巣上体炎でやはり排尿時の痛みや発熱を認めることがあります。腎盂腎炎や急性前立腺炎などでは時に重症化することがあり適切な診断と治療が必要です。

 検査としては尿検査が重要で尿中に白血球が増殖していないかを確認します。また血液検査で炎症反応の上昇を確認したりCTなどの画像検査で感染巣の確認が必要な場合もあります。治療として主に抗菌剤による薬物療法が選択されることが多いのですが、尿路通過障害を有する症例では緊急でドレナージなどの処置を必要とすることがあります。尿路感染を繰り返す場合には尿路奇形や排尿障害などの原因が隠れている場合もあり注意が必要です。その他には性行為感染症(STI)、尿道炎、尿路性器結核など尿路性器の感染症は数多く存在し、泌尿器科で診療を行っています。

徳島大学大学院 医歯薬学研究部 泌尿器科学分野

  • 〒770-8503
  • 徳島県徳島市蔵本町3丁目18-15
  • 医局連絡先
  • TEL:088-633-7159 FAX:088-633-7160
  • E-mail:takahashi.masayuki@tokushima-u.ac.jp
  • 外来連絡先
  • TEL:088-633-7157
  • FAX:088-633-7487

© 2012-2018 Tokushima University Graduate school