徳島大学大学院医歯薬学研究部 泌尿器科学分野

  • TOP
  • 一般の方へ
  • 医療従事者の方へ
  • 教室案内
  • 入局希望の方へ
  • リンク
  • お問い合わせ
一般の方へ

泌尿器科の病気、治療について

女性泌尿器科について

 泌尿器科の一つの診療分野に「女性泌尿器科」があります。「泌尿器科って女性の患者さんもいるの?」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。 

 主に女性の下部尿路や骨盤底の疾患を扱う領域で、代表的疾患として、尿失禁、骨盤臓器脱、過活動膀胱、間質性膀胱炎などがあります。いずれも生命に直接かかわる疾患ではありませんが、女性のQOL(生活の質)を非常に低下させてしまうものです。なかなか人には相談しにくい問題でもあります。

 徳島大学では、毎週1回金曜日に「女性外来」を開設して、こういった疾患や女性医師の診察を希望される患者さんを対象に診療を行っています。


尿失禁(尿漏れ)

 尿失禁(尿漏れ)は、40歳以上の女性の3人に1人が経験している頻度の多いものです。女性に多い尿失禁の種類には、腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、両者の混合型があります。

腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁はくしゃみ、咳、スポーツなど腹圧が加わった時に尿が漏れてしまう疾患です。経産婦の宿命でもあり、妊娠、出産の際に骨盤底の結合組織や筋肉が損傷を受け、加齢とともに弛緩することが原因です。治療法は、尿道、膣、肛門を5秒間引き締めて、緩めるという運動を繰り返して行う骨盤底筋体操が有効です。毎日継続すると3カ月くらいで効果が出始め、かなり有効です。しかし上手く骨盤底筋群に力を入れられなかったり、毎日体操を行うことは困難なようです。ダイエットも有効です。薬物療法は、あくまで骨盤底筋体操の補助的役割となります。程度が重症な方には手術療法が効果も高く、お勧めです。中部尿道をポリプロピレンメッシュのテープで支えるTVT(Tension-free vaginal tape)手術やTOT(transobturator tape)手術があり、侵襲も少なく、治療成績も良好です。当院ではより合併症の少ないTOT手術を導入し、患者さんの満足を得られています。



切迫性尿失禁

 切迫性尿失禁は、急激におこる我慢が難しいような強い尿意(尿意切迫感)とともにトイレに間に合わずに漏れてしまう失禁です。外出から戻り玄関のカギを開けたところやトイレのドアの前で漏れてしまう「ドアノブ尿失禁」、水を触ったり、水の音を聞くと漏れてしまう「手洗い尿失禁」などが切迫性尿失禁の主症状です。尿意切迫感を必須症状とし、しばしば頻尿、切迫性尿失禁を伴う症状症候群を「過活動膀胱」と定義されています。有病率は高く、本邦では40歳以上の12.4%、900万人以上が有していると報告されていますが、年齢のせいだからとあきらめたり、羞恥心なども影響して、受診率は低いのが現状です。朝起きてから翌日起きるまでの24時間、何時に何ccの排尿量があったのか、どのくらいの水分を摂取したのか、尿意切迫感や尿失禁がみられたのか、ということを記録する排尿日誌を3日間程度つけていただくと、排尿状態がよくわかります。この日誌から水分摂取量や排尿状態を把握して、水分やカフェインをとりすぎている人には摂取制限したり、膀胱訓練(尿意を感じてもすぐにトイレに行かず、排尿まで我慢する練習)を行うと効果があります。

 薬物療法は非常に有効で、プロピベリン(商品名 バップフォー)、ソリフェナシン(商品名 ベシケア)、トルテロジン(商品名 デトルシトール)、イミダフェナシン(商品名 ステーブラ、ウリトス)などの抗コリン剤がガイドラインでも推奨されております。ただ抗コリン剤には、口渇、便秘、眼圧上昇などの副作用があり、内服の継続が難しい患者さんもいます。一昨年秋に発売となったミラベグロンはβ3受容体作動薬で、蓄尿時の排尿筋を弛緩させる効果があり、抗コリン剤特有の副作用がないものです。生殖器への副作用が開発時点で報告されており、閉経後の女性が投与対象となりますが、薬物療法の選択肢が増えたことで、治療がより行いやすくなりました。

間質性膀胱炎

 間質性膀胱炎は、蓄尿時の下腹部痛、膀胱部痛、頻尿などを症状とする疾患です。尿検査やエコーなどで異常がないことが多いため、病院を受診しても症状が不定愁訴としてとらえられ、「気のせいでしょう。」などと言われてしまい、ドクターショッピングを繰り返している患者さんもおられます。症状が強い患者さんは疼痛も強く、1回排尿量も100ml未満と非常に少なく、1日排尿回数も20回以上となり、外出さえもままならなくなっています。症状からまずこの疾患を疑い、麻酔下での膀胱水圧拡張術を行うと膀胱粘膜から点状出血や五月雨状出血などがみられ、Hunner’s潰瘍とよばれるような潰瘍を形成している方もいらっしゃいます。このような所見があると確定診断がつき、また治療にもなります。原因はいまだ解明されておらず、水圧拡張を行っても半年くらいで再発することも多いのですが、抗うつ薬や抗ヒスタミン薬、漢方薬などの内服治療や生活指導などで症状を改善させることも可能です。まず間質性膀胱炎ついて理解し、診断、治療に取り組むことが大切だと考えております当院では間質性膀胱炎が疑われる患者さんには積極的に膀胱水圧拡張術を行っており、ヘパリン・リドカイン・重炭酸水素ナトリウムの膀胱内注入療法についても臨床研究を行っています。

骨盤臓器脱

 骨盤臓器脱は、膣から膀胱や、子宮、直腸といった骨盤内臓器が下垂してくるいわゆる膣のヘルニアです。夕方になると膣からピンポン玉のようなものが飛び出してくる、股の間に何かはさまっている、お風呂で体を洗っていると股の間に何かが触れるなどといった症状があります。膀胱が下がってくると排尿困難や頻尿になったり、直腸が下がってくると排便困難などが起きることもあります。膣を支持している筋肉、筋膜や靭帯の損傷により生じます。分娩が最大の危険因子となっており、加齢や肥満なども大きな原因です。骨盤底筋体操やペッサリー挿入などの保存的治療、もしくは手術療法(膣式子宮摘出術+前後壁の膣壁形成術、近年ではTVM(Tension-free Vaginal Meshと呼ばれるメッシュを留置して脆弱化した支持組織を支える方法)などで治療を行っています。

徳島大学大学院 医歯薬学研究部 泌尿器科学分野

  • 〒770-8503
  • 徳島県徳島市蔵本町3丁目18-15
  • 医局連絡先
  • TEL:088-633-7159 FAX:088-633-7160
  • E-mail:takahashi.masayuki@tokushima-u.ac.jp
  • 外来連絡先
  • TEL:088-633-7157
  • FAX:088-633-7487

© 2012-2018 Tokushima University Graduate school